キレイに使おう|いきなりやってきた水漏れトラブルは水道修理業者へ|即解決する
作業員

いきなりやってきた水漏れトラブルは水道修理業者へ|即解決する

キレイに使おう

工具

毎日使用する浴室は水周りであることから、カビが発生しやすく、老朽化が早く進行する傾向がありますので、一度住宅を建てた後でも浴室リフォームを実施する方は少なくありません。浴室リフォームを成功させるためのポイントとしては、快適性とメンテナンス性の向上が重要となります。浴室リフォームにおいては、浴槽や洗い場の広さを確保出来ると、快適性が増しますが、リフォームにおいて広さを確保することは困難です。しかし、洗面脱衣室と浴室の間の壁に、透明と不透明の切り替えが出来る瞬間調光ガラスを採用すると、開放感が演出され、広さを感じるには有効な手段となります。また、メンテナンス性を高めるには、床面の水が自然に排水され、溜まり水を生じさせない特殊加工の床材を採用すると、掃除の手間も省けて衛生的です。浴室リフォーム工事においては、最新の設備機器を取り入れると省エネルギー効果も期待できます。

水周りの中でも浴室リフォームを検討する方は多いです。従来のタイル貼り、ステンレス浴槽の浴室だと冬場はとても寒いです。そして高齢者にとって危険なのは床がタイルだと大変すべりやすい点です。ヒートショックといって冬場暖かい暖房の部屋から寒い脱衣所や浴室へ移動しその後衣服を脱いだ時の温度差は心臓に負担がかかり、よくありません。最近の浴室は脱衣所との段差のないバリアフリーになっていますし、床材もさほど冷たくないような材質になっていて足元は安心です。浴槽の高さが低いタイプに浴室リフォームするとまたぐ時にも楽な姿勢でできます。最新の浴室リフォームだと換気扇もたいてい標準装備されていて、衣類乾燥機や暖房もついてる商品も選べます。リラックス空間であるバスルームを浴室リフォームでがらりと変えてみるとすっかり快適になるのでおすすめです。